[オススメ]ベクトルパークは古着なのに返品できる

ブランド古着が買えるオススメの古着屋さんまとめ

今回は古着屋のまとめ記事です。実際に私が利用している古着屋を4つ紹介していきます。

どれもここだけは押さえておきたいというショップばかり。

リンクも貼ってあるのでぜひ見に行ってください。

古着が初めての人にこそ読んで欲しい

ブランド古着が買えるオススメの古着屋さん

ゾゾユーズド

https://zozo.jp/zozoused/

公式サイト:ゾゾユーズド

まず初めはこのサイトから。ゾゾタウンの古着版です。ゾゾのサイトから直接行けます。

特徴は入荷量の多さと抜群の割引率。一定期間売れなかったものはすぐに割り引かれます。

最大で70%OFFにもなるので、どこで購入するか相場感覚が問われることも。

お気に入りのブランドを登録しておくことで、簡易的な検索条件の保存もできます。

何より慣れているのでサイト自体が使いやすい。

問題は写真が2枚しかないことと検品が不十分なこと。かなり少ない人数で捌いているのかチェック漏れが目立ちます。

基本的に返品不可なのにもかかわらず、ユーザーは少ない情報で判断するしかないため、ここはしっかりして欲しいところ。

ゾゾタウンで古着を買おう。ゾゾユーズドの攻略法を書いてみたよ

ゾゾユーズドの古着のコンディションランクが当てにならない件

ネットで買った古着の返品に挑戦。ゾゾユーズドの場合

ラグタグ

https://www.ragtag.jp/

公式サイト:ラグタグ

インポートブランドの取り扱いに強さを持つ古着屋です。もちろんドメブラも豊富。

大都市にオシャレな店舗を構え、まるでセレクトショップにいるかのように買い物ができます。

商品のチェックも丁寧で、問題のある個所はタグに星印で位置を記載。年代や大体の定価まで書いてくれるという丁寧ぶりです。

また商品の取り寄せや取り置きにも対応していて、どちらもキャンセル可能。

ネットで気になった商品を実際に店舗で見て買うかどうか決めるという戦略が取れます。

デメリットは価格が高いこと。店舗維持費と人件費がどう考えても他のお店より高いです。

古着屋としては珍しくガッツリ接客してくるので、接客が苦手な人にはツライかもしれません。

あとネットで見る場合は写真の色味がアテにならないです。ブラウンだと思っていたら実際にはベージュだったなんてことも・・。

他のサイトでもこの傾向はありますが、ラグタグの場合より濃く写っていることに注意してください。

ブランド古着ラグタグってどんなお店?商品の状態や価格、通販について解説

ブランド古着ラグタグの店舗取り寄せを使ってみた。キャンセルもできるよ

ブランド古着ラグタグで古着の取り置きができるって知ってた?

セカンドストリート

https://www.2ndstreet.jp/

公式サイト:セカンドストリート

ゲオが運営しているリサイクルショップ。店舗によっては古着以外にも家具や家電の取り扱いもあったりします。

ここの凄いところは実店舗の多さによる圧倒的な入荷量の多さ。どんどん新店もOPENしているので、これからまだまだ増えると予想されます。

最近はついに店舗取り寄せサービスも実装されました。もちろんキャンセル可能です。店舗が多いため都市部の人でなくても利用しやすいところが便利。

ネットショップも非常に見やすい作りになっていて、検索条件を3つまで記憶することができます。

商品画像も豊富で、しかも拡大機能付き。かなり大きな画像なため、色あせなどの使用感もある程度確認できます。

デメリットは店舗によって取り扱っているブランドにかなり差があること。特に田舎のお店だとファストファッションの割合が目立ちます。

またそういうお店ほど商品がギュウギュウに詰められていて見にくいということも。上で書いた取り寄せをメインに利用するのがオススメです。

セカンドストリートが古着の店舗取り寄せに対応。もちろんキャンセル可

ネットで買った古着の返品に挑戦。セカンドストリートの場合

【大阪】セカンドストリート心斎橋中央店OPEN。店内の様子を最速レポート

ベクトルパーク

https://vector-park.jp/

公式サイト:ベクトルパーク

ネット専門の古着屋。知名度こそないですが、非常に便利です。

他のショップとの最大の違いは返品できること。もちろん送料はかかりますが、じっくり悩めるという点は他にはない利点です。

価格に関しても驚くように安いものがチラホラ。新品未使用も多くあります。

私はギャルソンのシャツを3400円で2枚買いました。ソンタクのシャツに至っては600円です・・(汗。

商品のコンディションも細かく分けられてSAやABという中間ランクが存在します。これによりA寄りのBを狙うという戦略も取れます。

デメリットは入荷量が少ないこと。やはり実店舗がない分、知名度が影響していると思われます。

たまにコンディションを甘く査定することもあるので、そこは注意が必要です。

【オススメ】返品できるブランド古着通販サイト、ベクトルパークが最高だった件

まとめ

以上、ブランド古着が買えるオススメの古着屋さんまとめについて書いてきました。

最近の利用頻度が高いのはセカンドストリート。入荷量が多いため、気になるものがたくさん出てきます。

ベクトルパークは送料がかかるため、5点ほどまとめて注文する方法を取っています。

ブランド古着生活は本当に楽しいです。まだ買ったことないよって人はぜひチャレンジしてみてください。

今年は買い物を控えるはずが、つい買い過ぎに・・