[オススメ]ベクトルパークは古着なのに返品できる

ニューバランスのスニーカーデビューにはどの品番がオススメ?定番モデルの特徴を解説

履き心地の良さで知られるニューバランスのスニーカー。

一時期の爆発的なトレンドからは少し落ち着いたものの、まだまだ履いている人は非常に多いです。

私も靴はニューバランスしか履かないと決めていた時期がありました(笑)。

今回はニューバランスデビューを考えている人向けに、それぞれのモデルの特徴を解説していきます。

スニーカー界のロールスロイスらしい

ニューバランスの定番モデル

ニューバランスには数多くの品番が存在します。また生産国によっても価格が変わってきます。これが初心者の人がこんがらがる理由。

ですが代表的なものだけをピックアップするとそこまで数は多くなりません。

ここではこれだけは知っておいて欲しいというモデルを4つ選んでみました。

ニューバランス574

https://www.atmos-tokyo.com/

オフロードモデルである576の廉価版になります。1万円程で買えるので履いている人は多いです。

ワイズが比較的広く、ぽってりとした見た目が特徴。最近のスニーカーのようなスタイリッシュさはありません。

この品番の魅力はなんといってもその安定感にあります。足元がしっかりしているため長距離を歩いても疲れにくい。砂利道など舗装されていない道でも快適に歩けます。

クッションも素直な感じで嫌いな人はいないのではないだろうかと。まさに万人受けするスニーカーと言えるでしょう。

私もこのモデルから入りました。

ニューバランス996

https://www.atmos-tokyo.com/

ランニングモデルのスニーカー。一般的にニューバランスと言われれば996を指すくらいに、一番売れているモデルになります。

996にはアジア製とアメリカ製がありますが、主に流通しているのはアジア製の方。こちらで価格は15000円くらいです。

ワイズが細目でスタイリッシュな見た目をしていて、モード系やストリート系の服装にも合います。

この品番が一番力を入れているのがクッション性。低反発の沈み込むようなクッションで、足を優しく包み込んでくれるような感覚です。

15000円のスニーカーと言えばスタンスミスが代表的ですが、クッション性にはかなりの差があります。それくらいスゴイ。

私も初めて履いた時は感動しました。ただ若干安定感に欠けるので好き嫌いはあると思います。

ニューバランス1500

https://www.atmos-tokyo.com/

ニューバランスのフラッグシップモデル。お値段も3万円近くと中々の金額になります。

フラッグシップモデルの中だと一番人気は1400になるのですが、生産が終了してしまいました。

ニューバランスの1400が生産中止と聞いて駆け込みで買ってきました

よって今オススメできるのは次に人気の1500になります。

この品番はUK生産で細部に渡ってしっかりと丁寧に作られているのが特徴です。アメリカ生産は個体差がありますから・・。

そして見た目にも違いが表れています。1500の中でも一番有名なのがオールレザーのモデル。スニーカーと革靴の中間的な見た目をしています。

普通のスニーカーじゃカジュアル過ぎるといった場面でもコーディネートしやすいです。

またNのマークが小さいので、それがネックだった人にもオススメです。

ニューバランス520

https://www.atmos-tokyo.com/

約30年前の1978年にアイルランド工場で生産されていたモデルを復刻したものになります。

アイルランド工場はニューバランスの中でも独自の存在だったらしく、この品番だけちょっと特殊です。

Nのマークはありますが、履き心地が全然ニューバランスっぽくありません。普通のスニーカーです。

ではなぜここで紹介しているのかというと、それはレトロスニーカーだから。昔を感じさせる表情が逆に新鮮です。

またお値段も1万円程と安いのもイイところ。販売されたのが2017年からなので、履いている人もほとんど見かけません。

サイズ感について

他のスニーカーでもそうですが、ニューバランスにおいても品番によってサイズ感が異なります。

「自分のサイズはこう」と決めてしまうのは失敗の元(それで失敗しました・・)。

参考までに私のサイズについて書いていきます。

私は足が小さくて足の実寸が24.5㎝です。スタンスミスやコンバースのオールスター、オニツカタイガーのメキシコで25.5㎝で合わせています。ビジネス用の革靴やブーツだと25.0㎝。

この場合、上で挙げた4品番の適正サイズは以下のようになります。

  • 574 :26.0cm
  • 996 :25.5cm
  • 1500:26.0cm
  • 520 :26.0cm

996以外0.5㎝上がってますね。特に注意しなければならないのが520です。

この品番はワイズが細く甲が低いという特徴があるので、普段のサイズで入ったとしても、歩いていると痛くなることがあります。

甲高幅広の人は0.5㎝上げて、もし少し余裕があるのであれば紐をキツく締めるという方向で対策してください。

ニューバランス520を紹介します。サイズ感に注意

お手入れグッズも合わせて買おう

スニーカーを長く使うためには日々のお手入れは必須。

スエードだからと言って何もしなければ、かなりみすぼらしい見た目になります。

ニューバランスを手入れしないとどうなるか。3年間ほったらかしの574を公開

お手入れといっても革靴のように大々的なものではないので、やることは簡単です。

必要なのはスエードブラシと栄養剤、防水スプレーだけ。1足3分で終わります。

あくまでスニーカーですから気が向いた時でもいいので、これだけはやるようにしてください。

まとめ

以上、ニューバランスの定番モデルについて書いてきました。

この中で個人的にオススメなのはやはり1500です。価格が高いだけあって全てにおいて最高グレード。

そんなに出せないのであればオフロードモデルの574をオススメします。個人的にもこのモデルが一番履いた期間が長いです。

ぽってりとした見た目がネックの人はとにかく一度履いてみてください。考えが変わるハズです。

ニューバランスに慣れると革靴が履けなくなります

楽天が取り扱いが豊富でオススメです
5749961500520