[オススメ]ベクトルパークは古着なのに返品できる

オシャレのセンスは知識と経験によって磨かれるって話

多くの人がオシャレを諦めてしまっている原因の一つにセンスのなさが挙げられます。

自分にはセンスがないからオシャレをしても上手くいかないのだと。

ですが私はオシャレは知識と経験さえ積めば何とかなると思っています。

今回はそんなお話です。

オシャレについて学校で教えるべきだと思います

元々センスがある人はほんの少数

まずセンスがある人ってどのような人を指すのでしょうか?

服飾の専門学生や雑誌の読者モデル、原宿にいるような奇抜な人達のことだと思ってはいませんか?

もちろん彼らはセンスがあります。ですが多くの人が自分の理解ができないことをセンスがあると感じてしまっているのも事実。

実際に上に挙げた人たちは全体の1%くらいなものです(場所による)。

では身近にいるシンプルなんだけれども、洗練されているファッションをしている人達はどうでしょうか?

他の人と似たようなアイテムを選んでいるのに、どこか違う。普段生活している上でオシャレだと思うのはこういう人達なハズです。

しかしながら、ややもするとこれもセンスがあるからと決めつけてしまいがちです

ですが、彼らは初めからセンスがあったわけではありません。自分で試行錯誤しながらセンスを磨いていったのです。

具体的には知識と経験を人より多く積んだということ。長い年月をかけてこれらを磨いてきたからこそ、今輝いて見えるのです。

知識と経験を増やそう

では知識と経験を増やすためにはどうすればイイのでしょうか。それぞれについて具体的に見ていきます。

知識について

まず知識と経験のどちらから取り組むかですが、私は知識から勉強することをオススメします。

何も知識がない状態で経験だけを増やしても非効率なだけです。

知識は勉強でいうところの教科書。これがないと始まりません。

そして知識を得るには初心者向けのファッションについて書かれた専門書が一番です。

MBさんの本を2冊ほど読めばとりあえず必要な知識は覚えられるハズです。

その上で雑誌を読みます。雑誌のコーディネートを見ながら覚えた知識を当てはめていってください。

するとなぜオシャレに見えるかが論理的に分かってくるハズです。

もちろん全てのことを論理的に説明できるわけではありませんが、良く出てくる型というものが見つけられるハズです。この感覚が大事。

雑誌の読み方に関しては以前書いた記事に詳しくまとめてありますので、参考にしてみてください。

初心者にオススメなファッション雑誌の読み方を解説するよ

上級者向けファッション雑誌:メンズノンノの歩き方教えます

経験について

知識が教科書なら、経験は問題集に当たります。

実際に服を着ていく作業ですね。

とにかく初心者の内は多くの服を着ていくことが大切です。お店で試着しまくりましょう。

一番イイのはちゃんと買って何回も着ることですが、これには金銭的な制限があります。

試着だけでも大体の感じは掴めますので、ひたすら数をこなしてください。

また古着を上手く利用するのも手です。古着であれば普段中々行きにくいお店であっても気楽に試着できます。

しかも価格は定価の3割以下になっていることもザラです。色々な年代のアイテムを同時に学べるという利点もあります。

ベクトルパークのように返品できる通販サイトもあるので、ぜひ利用してみましょう。

ブランド古着を探すなら通販サイトのベクトルパークへ

オシャレな人達がいる環境に身を置こう

実は知識と経験以外にもセンスを磨く方法があります。それは環境です。

オシャレに興味がある人達の中に身を置くことも重要です。

私はカットソーが何か分からないというLv.1の状態からアパレル店員になりました。

周りは皆オシャレに興味がある人達です。当然毎日のようにダメ出しを受けます。

非常に大変でしたが、常日頃からファッションについて考えるので成長が速くなったのも事実です。

ぜひ皆さんも身の回りにあるオシャレな人が多い環境を探してみてください。

まとめ

以上、オシャレのセンスは知識と経験によって磨かれるについて書いてきました。

私達は一般人なので、これを愚直にやり続けるしかありません。

初めの内は理解できなくても、続けていくことで分かるようになる瞬間もあるかと思います。

センスがないからと諦めずに、数をこなしていくことを意識してみてください。

週2回8時間のウインドウショッピングがノルマです