量産型ファッションについて考える。量産型はダサくないよって話

今回は量産型ファッションについて書いていきたいと思います。

世間ではダサいだの個性がないなどとマイナスの意味で語られることの多い量産型ファッションですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

皆がやっているということは多くの人に受け入れられるそれなりの理由があるはずなのですが・・。

じゃぁ、量産型やるかって言われたらやらないのだけれども(;´∀`)

量産型ファッションとは

主に大学生がしている似たり寄ったりのファッションのことです。

その結果、キャンパス内を見渡すと同じコーディネートをしている学生ばかりという現象が至る所で起こります。

http://blog.livedoor.jp/goldennews/

最近の量産型コーデといえばチェスターコートにタートルネック、ニット帽にスキニーパンツ+スニーカーというスタイルが有名です。

http://n2ch.net/

少し前はチノパンにデニムシャツ(青シャツ)のコーデが話題になりましたよね(あの写真は悪意がありまくりだと思いますが)。

とにかく画一的や没個性という意味でオシャレさんからは悪く言われがちなファッションになります。

ダサいと言われる理由

それではなぜダサイと言われるのでしょうか?

その理由は量産型ファッションはトレンドがマス(一般大衆)まで降りてきたものだからです。

オシャレは差別化なので感度の高い人はどんどん最先端を求めていきます。

マスまで降りてしまったトレンドはもはや時代遅れ、終わり行くトレンドということなのです。

ファッション初心者は量産型を目指すべき

ただ私は脱オタを開始したばかりのファッション初心者は量産型を目指すべきだと考えています。

理由は何個かありますが、一番の理由は量産型ファッションは完成されたコーディネートであるからです。

上で挙げたチェスターコートにタートルネックもコーディネートとしては王道です。まったくダサくありません。

あれをダサイという人はよっぽどオシャレなのか変わった格好をしているかのどちらかです。

またオシャレを始めたばかりの人にいきなり100点を狙いに行くことはオススメしません。

量産型に照準を合わせれば少なくとも多くの人に受け入れられているわけですから、60点~70点くらいは取れるハズです。

またこういうファッションの方がオシャレすぎる人よりも受けが良かったりします。

マネるなら徹底的に

量産型の中にもオシャレな量産型とダサイ量産型があります。

その違いは劣化コピーになっているかどうか。マネるなら徹底的にやりましょう。

チノパンにデニムシャツの写真がダサく見えるのは、色味だけでテキトーに合わせてしまって体のラインを気にしていないからです。

できれば素材感も高そうに見えるものを選んであげるとより良くなると思います(あと靴も)。

ファッションの基本はマネです。どんなオシャレな人もマネをしています。マネをすることはイイことだと思って貪欲に行きましょう。

脱量産型はアイテムを1点だけ変える

劣化コピーではなく、しっかりと原本のコピーができたなら自分の個性を出していくのもアリです。というかここからがファッションの楽しいところでもあります。

その際、1点だけ変えてあげるのがオススメです(全部変えるとそれはもう別物です)。

トップスを変えるも良し、パンツを変えるも良し。ストールなどの小物で変化をつけるのもイイですね。

またデザイナーズブランドを取り入れることも一つの方法です。デザイナーズブランドは各ブランドごとにクセがあるので、同じアイテムだとしても他とは違った印象を与えることができます。

まとめ

以上、私が思う量産型ファッションについてでした。

最近はどこのセレクトショップも似たようなアイテムばかり揃えているので、あまり考えずに選んでいくと量産型になりそうな気がします。

ただそれもアリなんじゃないでしょうか。ちょっとした素材感やシルエットで差別化すればそれはもう自分流のオリジナルだと思うのです。

このアイテムをなぜ選んだのか。それを語れるようになりたいですね。

雑誌だとファインボーイズが量産型です。ただ個性的なメンズノンノよりかはファインボーイズの方が受けは良いかと