過去記事リライト中。昔の記事も読んでね

古着の新品未使用は嬉しいけど偽物のリスクが上がるよって話

最近は服を古着で揃えるという人も増えてきました。

メルカリやラクマなどのヒットにより、今リユース市場は非常に活性化しています。実際にセカンドストリートなどの古着屋も新規出店が続いています。

ただ古着には偽物のリスクが付き物です。特に人気ブランドともなれば尚更。

今回は新品未使用の古着だと偽物の可能性が上がるよって話をしていきます。

嬉しいけど疑っちゃう

偽物は新品未使用に多い

一般的に新品未使用でも一度人の手に渡っているものは古着という扱いになります。

所謂状態Sです。もちろんタグ付き。

古着を利用しない人だとそんなのあるのって感じかもしれませんが、実際に新品未使用のアイテムは多くあります。

特にヤフオクやメルカリではそのシーズンのアイテムが新品半額以下で大量に出回っています。

中には1人で人気ブランドの商品を数百単位で出品している人も(非常に怪しい)。

基本的に古着を買う場合は新品未使用のものほど気をつけるのが鉄則です。

なぜなら偽物を着てから出品するメリットがないから。せっかく偽物を作ったのに、敢えて価値を落とす必要がありません。

もちろん偽物を買った人が着てから売るというケースもありますが、それは今回の趣旨ではないため割愛します。

店側でもチェックしてはいるのだが

大手古着屋さんでは偽物の真贋部署を設けているところがあります。

これに関しては以前に記事を書いているのでこちらを参考にしてください。

大手ブランド古着屋さん各社に偽物対策について聞いてみたよ

しかしながら真贋部署に回される商品はハイブランドなどの極一部の商品だけです。全部を鑑定することはマンパワー的にも予算的にも不可能です。

つまりほとんどの服は店頭にあるマニュアルだけで対応しているってこと。

こうなってくると必ず偽物は人の目をすり抜けてきます。いくら店員さんに知識があったとしても全てのブランドで完璧な目利きはできません。

でも古着屋の場合はまだマシだと思っています。本当にヤバいのはヤフオクやメルカリなどの人の目を通さないタイプ。

特にラクマはヴィトンの偽バッグが新品で2000円で売ってたりするほどです(;´∀`)。

プラットホーム側でも偽物を売らせないための対策はしているみたいですが、現状のところユルユルと言わざる負えません。

偽物のレベルが上がってきている

皆さんはスーパーコピーという単語をご存知でしょうか?

これは名前の通り本物と見間違うような精巧な作りの偽物を指します。

そしてこれが普通に売られているという・・。「ブランド名 スーパーコピー」で検索するとたくさん出てきますよ。

大抵は人気ブランドのバッグやスニーカーであることが多いですが、服も普通にあります。

特に簡単に作れるロゴプリントのTシャツなどはかなりの種類が出ています。

中にはマウンテンパーカーなどもあったりするので、こうなってくるとかなりキビシイ・・。

タグの出来で判断可能なら良いのですが、実際に商品を触っても見分けられる自信がないです。

状態Aかマイナーブランドを狙おう

こんな感じで古着の新品未使用には常に偽物のリスクが付き物です。

ではどうすればイイのかというと、状態Aかマイナーブランドを狙うことが解決策になります。

上で書いたように業者が偽物をわざと着てから売るとは考えにくいですから、できるだけ新品に近い状態Aのものを探しましょう。

セカンドストリートの状態Aとかはかなりキレイですよ。ゾゾユーズドはアレですが・・。

ゾゾユーズドの古着のコンディションランクが当てにならない件

またマイナーブランドしか買わないことも有効です。

なぜなら売れない偽物を作っても仕方がないから。どうせ偽物を作るならシュプリームのように知名度があって高い需要が見込めるものを作るからです。

その意味で一部の服好きしか買わないようなブランドは市場が狭すぎます。古着価格が高く付いたとしても数を捌くには不向きですから。

まとめ

以上、新品未使用の古着だと偽物の可能性が上がるについて書いてきました。

こう書いておきながら、ヤフオクやメルカリの新品未使用に飛びつくことはよくあります。

でもちょっと待って。勢いで入札しても入金はじっくり考えてからの方がイイです。

少なくともその出品者が他にどんなものを出品しているかや評価は入念にチェックしてください。

少しでも怪しいと思ったなら、入札しない方が安全。悪い評価は付けられますが、偽物を掴まされるよりかは遥かにマシです。

古着の基本は目で見て買うこと