過去記事リライト中。昔の記事も読んでね

バリスティックナイロンは男のロマン。特徴や定番のバッグブランドについて

ナイロン素材のアイテムって聞くと何となく丈夫そうっていうイメージがありますよね。

特にバッグでよく見るコードゥラナイロンは耐久性・防水性に優れた素材として有名です。

ではバリスティックナイロンについてはどうか。こちらになると一気に知名度がなくなります。

簡単に言うとアメリカのデュポン社が開発したナイロン素材なのですが、それだけではピンときません。

今回はそんなバリスティックナイロンについて書いてみました。

デメリットもそれなりにあります

バリスティックナイロンの特徴(メリット)

とにかく頑丈

一般的には普通のナイロンの5倍の強度を持つと言われています。

実際に生地として使用する場合は800~1700デニール(繊維が9000mの時の重さ)のものを使うので、生地自体に厚さが出ます(さらに強力になる)。

そのためハードなアウトドアシーン(ミリタリー含む)で利用するバッグに最適。丈夫ということでビジネスバッグでも好まれる素材です。

バリスティックナイロンの強度を示す例として、防弾チョッキに使われていることもよく挙げられます。

ただこれに関しては、使われているだけで実際に弾丸が防げるわけではないです。それができるならそもそも縫製できないわけで(;´∀`)。

武骨な見た目

バリスティックナイロンでできた生地って一目で分かります。

なぜなら分厚くて生地の目が粗いから。触った瞬間に頼もしいって感じるレベルで武骨そのものです。

これが30代メンズのファッションにとにかく合う。

ワークやミリタリー・アウトドアはもちろんのこと、トラッドにだって合います。黒を選ぶならモードやストリートにもイケそう。

バッグを持つだけで大人っぽさを追加してくれるって、すごく便利だと思いませんか?

30代のメンズファッションに必要なのは大人っぽさだと思う

防水性

バリスティックナイロンは裏面に防水加工が施されています。

これが全然水を通さない。実際に大雨に降られたことがあったのですが、バッグの中は全く問題ありませんでした。

バッグを選ぶときに防水性があるかどうかは重要な指標の1つです。濡れても大丈夫って思うだけですごく気が楽ですから。

これが革製のバッグだとそうはいきません。ヌメ革とかだったらもう・・。

デメリット

重い

生地が厚いので重さがそれなりにあります。

ただ普通のショルダーバッグくらいだとそこまでは感じない程度です。

リュックや収納の多いブリーフケースになると少し重いかなというくらい。

価格が高くなりがち

コードゥラナイロンのバッグって比較的安価なのですが、バリスティックになると価格が跳ね上がります。

大体2倍くらいになるイメージ。

「ナイロンでこの価格か・・」と思うところは正直あります。

裏のコーティングの劣化

裏面にしてある防水加工はポリウレタン樹脂でできています。ということは当然経年劣化するわけで・・。

ポリウレタンの特徴と経年劣化について。ストレッチデニムは要注意!

店員さんが言うには5年くらいでポロポロ落ちてくるのだとか。

ただ加工が取れるだけで生地が破れるわけではありません。見た目には影響がないので、そのまま使い続けることも可能です。

服が負けることがある

触った感じが硬い生地なので、合わせる服の生地によっては服が負けてしまうことがあります。

特にリュックだとショルダーと当たる部分に毛羽立ちができやすいみたいですね。

トートだったら防げるので、あえてリュックは買わないという選択肢もありです。

コードゥラナイロンとどっちが強いの?

バリスティックナイロンは普通のナイロンの5倍の強度を持つと書きました。

対してコードゥラナイロンは7倍。

ではコードゥラナイロンの方が強いのかというとそんなことはありません。これには生地の厚さが関係しています。

コードゥラナイロンって100~1000デニールで作られるので、薄いものはホント薄いです(バリスティックは800~1700デニール)。

どちらが強いのかハッキリと断言することは難しいのですが、触った感じだとバリスティックナイロンの方がかなり強いように感じます。

バリスティックナイロンを使ったバックブランド

TUMI

https://wowma.jp/

アメリカのビジネス&トラベルバッグのブランド。

使う人のことを考えた収納力が売りのバッグが有名ですね。その分使っている生地の量が多いので、若干重さはあります。

特に一流ビジネスマンに愛用者が多く、スタバへ行くとTUMI被りが起こりやすいとか(笑)。

ブリーフィング

https://lohaco.jp/

アメリカ生産にこだわった日本企画のブランド。

本物の軍需工場に生産拠点を置くなど、ミルスペックを追求した製品作りに定評があります。

全てのバッグに採用されているナイロンテープのディテールがイイ感じ。

サウス2ウエスト8

https://nepenthes-onlinestore.com/

ネペンテスのオリジナルブランドの1つ。テンカラ釣りをテーマとしています。こちらもアメリカ製。

実はバッグブランドとしても有名で、バッグだけを置いているセレクトショップもあるくらいです。

サンフォージャークロスと18オンスキャンバスが人気ですが、バリスティックナイロンも定番で作っています。

まとめ

以上、バリスティックナイロンについて書いてきました。

デメリットもそれなりにあるので、全ての人にオススメというわけではありません。

ですが実際に使ってみるとその丈夫さや防水性・武骨な見た目に惹かれる人も多いハズです。

これぞ男のロマンと言えるのではないでしょうか。

個人的にはアメリカ製にこだわる必要はないと思ってます