脱オタの登竜門:丸井系とは。強引な接客と地雷率の多さは本当?

脱オタの登竜門と言われる丸井系ブランド。

多くのファッション初心者が奇抜な服を売りつけられることから、ネットの掲示板ではもはやネタ化されているブランドでもあります。

今回はそんな丸井系を知らない人に丸井系とはどんなものなのかを詳しくひも解いてみたいと思います。

〇I〇Iは読めない(笑)

丸井系とは

ファッションビル丸井に入っているブランド群のことです。

丸井の店舗は全国にたくさんありますが、入っているブランドは大体同じです。

ちなみに丸井系という言葉はメンズ独自のもので、レディースでは使われることがありません。

メンズと違いレディースのブランドは他の百貨店と被ることもあり、まともだったりします(笑)。

丸井系ブランド

代表的なブランドをざっとピックアップしていきます。

タケオキクチ

TKタケオキクチ

ミッシェルクランオム

MKオム

コムサメン

コムサコミューン

ムッシュニコル

ニコルクラブフォーメン

トルネードマート

テットオム

シュリセル

ティノラス

ネオンバイハルプ

ブラックレーベルクレストブリッジ

ポールスミス

メンズメルロース

メンズビギ

キャサリンハムネット

モルガンオム

カスタムカルチャー

291295オム

5351プールオム

これらのブランドが一般的に丸井系と言われるものです。

ヨウジヤマモトも店舗があったりはするのですが、このようなデザイナーズ系は丸井系には含めません。

またレイジブルーやハレなどの明らかなファスト系も含めません。

ただブラックレーベル(元バーバリー)やポールスミスなどはライセンス契約に当たるので含めるという認識です。

丸井系の年齢層

総じて若めになります。

メインのターゲットは大学生~25歳くらいまでになるかと。

価格設定も大学生がバイトをすれば普通に買えるくらいになっています。

30歳以上でもいけないことはないですが、若いデザインが多いため若作りに見えてしまいます。

30代で丸井系はアリかナシか。丸井系の年齢層を考えてみる

丸井系の特徴

脱オタ

丸井系を指す時にまっさきに言われるのがこの言葉。

段階としてはファストファッションの次に当たることからこう言われることが多いです。

またドラマ版の電車男で主人公がコムサで脱オタしたことも大いに影響していると思われます。

お兄系テイスト

丸井系のブランドの大半はお兄系に当たります。

同じお兄系でもメンズビギのようにシンプルなブランドもあれば、シュリセルのようにホストみたいなのもあります。

この装飾性がファッション初心者の頃は非常にカッコよく見えます(体験談)。

ただ最近は2014年のノームコアのトレンド(究極の普通)もあり、かなりデザインがマイルドになってきてはいます。

トンガリ靴なんてトルネードマートやシュリセルぐらいでしか見なくなりました。

その分以前より手が出しやすくなっていますが、それでも生地一つ取ってみてもどこか丸井系臭さが残っています。

地雷の多さ

私が丸井系を勧めない理由の一つがコレ。とにかく地雷アイテムの数が多いです。

ファッション初心者の内は何がオシャレなのかも分からないため、とにかく普通と違うアイテムを手に取りがちです(アイテム単体で見てしまう)。

その代表的なものが折り返しチェックや英字Tシャツであり、ダサい認定された昨今においてもニコルクラブフォーメンなどは定期的にリリースしています。

店員もこれをオシャレだと言って勧めるからタチが悪い。

強引な接客

強引な接客も丸井系を説明するときに必ずと言っていいほど出てくるキーワードです。

店側もファッション初心者が多いことを逆手に取り、とにかく売りつけてきます。

犬のようにつけまわし、商品を手に取ろうものならセールストークをまくしたてます。

しかも彼らの大半はノリで接客しているため、実はそこまで知識がなかったりします。平気で間違ったことを本当のことであるかのように言いますが、ファッション初心者は知識がないのでそれを適切に判断できません。

私が受けた接客の中だと「ウチは半永久的に使えるストレッチ素材を開発したので、膝が抜けません」(byコムサ店員)などです(;´∀`)。

ステュディオスも強引な接客で有名ですが、彼らは知識がある分よっぽどマシです。

丸井系の接客を軽くいなすことができるようになれば、どこのお店に行っても大丈夫でしょう。

丸井系の接客がひどすぎる件。個人的にイラッとしたクレーム集

できることなら丸井系を避けて通ろう

私自身、丸井系を通ってきた経験から、できることなら避けて通ることをオススメします。

じゃあどこで買ったらイイのかというとレイジブルーやグローバルワークのようなファストファッションです。

丸井系と同等の価格帯にセレクトショップのオリジナル品(セレオリ)がありますが、こちらも品質に対するコスパがあまり良くありません。

高価格のセレクト品を買えないのであれば、中途半端に散財するよりもファストファッションで最大限努力する方向が正しいかなと。

もちろんお金が出せるのであれば早いうちにセレクト品に移行してしまいましょう。

まとめ

以上、丸井系について書いてきました。

私が丸井系にハマったのはPPFMやMKオム・シュリセル・291295の2年間だけでしたが、今では立派な黒歴史です。

丸井系にハマってしまうと丸井系ブランドしか見えなくなるのも問題ですね。

女性受けも大して良くないよ
Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」

MB
1,058円(11/18 22:10時点)
発売日: 2015/10/23
Amazonの情報を掲載しています
モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門 (文庫ぎんが堂)

モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門 (文庫ぎんが堂)

トイアンナ
741円(11/19 08:37時点)
発売日: 2018/04/08
Amazonの情報を掲載しています