[オススメ]ベクトルパークは古着なのに返品できる

服の趣味が変わるのは成長した証。服との付き合い方を考えてみる

年を取るにつれ服の趣味が変わることは往々にしてあります。

年齢的な問題かもしれませんし、考え方や環境が変わったからかもしれません。

お気に入りの服やコーディネートに身を包んでもイマイチしっくりこない。

でも安心してください。それは自分が成長した証なのです。

普段から色んな服を見てる人ほど変わりやすいです

一生ものなんてない

まず書いておきたいのは一生ものなんてないということです。もちろん中にはあるのですが、それはほんの少数。

大抵の場合どんなに気に入っている服でもいずれ別れが来ます。

よく店員がレザージャケットなどを指して「これは一生ものになります」などと接客することがありますが、ただのセールストークです。

実際は考え方が変わったり飽きたりして、手放してしまうのが大半なハズです。

でもそれでイイんじゃないかなって。

服は人との出会いと同じで、出会いと別れを繰り返して自分自身が成長していくもの。

もちろん5年や10年着続けるのは全然アリですし、これは一生使うという気持ちで丁寧に取り扱うことは大切なことです。

服の系統を変える場合

では実際に服の系統を変えることになったらどうするか。これは以前の服との相性によって大きく変わってきます。

今までの服と相性が良い時

以前の系統と比較的近い場合、自分のファッションのバランスを調整するだけで可能なことが多いです。

例えばワークとミリタリーなんかはこの関係にあたります。

買い物の仕方は簡単。気に入ったアイテムを少しずつ足していきます。時間をかけて揃えていく感じ。

この少しずつというところがポイントで、万が一新しい系統にすぐ飽きたとしても金銭的なダメージを少なくすることができます。

相性が悪い時

では相性が悪い時はどうするかというと、これはもう全とっかえするしかありません。

バリバリのアメカジとモード系など相入れない分野であるならば、一気に変えちゃいましょう。

金銭的なことを考えるよりも、気持ちが乗らない服を着続けている方が心に毒です。

私自身も丸井系→フレンチカジュアル→A-net系→アメトラと結構変えてきました。

その度に以前の服は着なくなりますが、成長した証だと割り切るようにしています。

管理人のファッション遍歴を紹介します

いらなくなった服を持ち続けない

このように服の趣味が変わることは悪い事ではありません。ですが1つだけ注意して欲しいことがあります。

それは着なくなった服を持ち続けないこと。

これらはクローゼットを占領しますし、押し入れの奥で負のオーラを放ちます。

もう着ないと決めたのならば、思い切って売ってしまいましょう。

もったいないと思うかもしれませんが、服は古着として循環します。自分が着倒せなかった分を誰かが着てくれます。

古い服を手放すことで、新しいより好きな服との出会いがあるのです。

まとめ

以上、服の趣味が変わることによる服との付き合い方について書いてきました。

メンズの場合、20代~30代にかけてが一番変化が大きいのではないかと思っています。35歳過ぎたらそのまま進むか、よく似た系統に変わる感じ。

服には一期一会の側面もあるので、その時々の出会いを大切にして成長していけたらイイですね。

クローゼットは常に1軍服だけで構成するのが理想
本当に似合うが見つかる! 人生を変えるクローゼット整理

本当に似合うが見つかる! 人生を変えるクローゼット整理

霜鳥 まき子
1,458円(04/18 18:29時点)
発売日: 2017/02/21
Amazonの情報を掲載しています
クローゼットは3色でいい

クローゼットは3色でいい

杉山 律子
1,404円(04/18 14:18時点)
発売日: 2017/05/26
Amazonの情報を掲載しています