[オススメ]ベクトルパークは古着なのに返品できる

カオパオシュウのバッグはどのように作られるのか。製造工程を紹介

私も長年愛用しているカオパオシュウのバッグ。

個性的でしかも丈夫。1つあればコーディネートの主役として活躍してくれます。

今回、写真を整理していると以前ショップのフライヤー用に使った資料が出てきたので、それを紹介していきます。

関西だと全然流行らないですね~

カオパオシュウの製造工程

カオパオシュウの工房

カリフォルニアのロサンゼルスにあるカオパオシュウの工房。

カオパオシュウのデザイナーのナイーダさん

デザイナーのナイーダさんです。

カオパオシュウの工房の中

中はこんな感じ。

カオパオシュウのバッグと服

バッグが有名ですが、実は洋服の種類も豊富です。めっちゃモード。

カオパオシュウの材料となるシートベルトがたくさん

材料となるシートベルトがこんなにたくさん。色んなデザインのものがあります。

1本のシートベルトからカオパオシュウのバッグが出来上がる

この1本のシートベルトからバッグが作られます。

カオパオシュウのバッグの縫製過程

アシスタントさんがミシンで1つずつ丁寧に。6時間ぐらいかかるみたいですね(ナイーダさんは慣れているので2時間くらい)。

カオパオシュウのバッグのショルダー部分の取り付け

ショルダー部分を取り付けています。

カオパオシュウのバッグの最終調整1

カオパオシュウのバッグの最終調整2

最終調整。

カオパオシュウのバッグ:完成品

完成。多品種少量生産なので数は少ないです。

カオパオシュウのバッグ:別注分

こちらはウチのショップ限定生産の分。

まとめ

以上、カオパオシュウの製造工程について書いてきました。

デザイン重視なので職人気質というわけではないのですが、少しは身近に感じてもらえたかなと。

気になった方はぜひオンラインショップの方も覗いてみてください。

実は楽天だとかなり安く売っています

楽天のカオパオシュウ一覧はこちら