メゾンマルジェラの説明書:服好きならぜひ知っておきたいモードブランド

今回はメゾンマルジェラについて。

服好きな人達にとにかく支持されているブランドであり、金額的にもビッグメゾンの中だとまだ手が出せる範囲のブランドです(それでも高いですが)。

個人的にはギャルソンの次に行きつくブランドなのかなと思っています。

今回は「マルジェラってどんなブランドなの?」っていう人に向けて軽く解説していきます。

モードブランドの中では定番品と言われるアイテムが多い印象です

メゾンマルジェラについて

https://www.fashion-press.net/

https://www.fashion-press.net/

マルジェラという名前が示す通り、マルタンマルジェラ氏が1988年にスタートさせたブランドになります。

その後デザインチームがデザインを手掛けることとなり、現在はジョンガリアーノ氏がデザイナーを務めています。

マルジェラを説明するときに一般的なイメージとして退廃的・再構築・アヴァンギャルドなどが挙げられます。

ですが私個人は超絶クリーンでモードなブランドというイメージを持っています。

店舗に行っても突飛なものはあまり見られませんし、どれも着やすそう(一部のコレクションは別です)。

マルジェラの店舗が白一色でスタッフが白衣を着ていることからも、どこか未来的なイメージを打ち出したいのかなと感じています。

カレンダータグと縫い目について

マルジェラを説明するときに必ず出てくるこの2つの用語。

http://shop.kind.co.jp/

カレンダータグとはマルジェラのブランドタグのことです。

ラインによって番号が振ってあり、該当するラインには〇が付けてあります。

メンズのメインは10番と14番。10番はメンズのコレクションでショーで発表されたもの。

14番はメンズのワードローブという扱いで、どちらかというとカジュアルなものが多いです。

ですが店員さん曰く、最近だとほとんど違いが無くなってきているそうですね。

https://b-o-y.me/

そして縫い目というのはカレンダータグを服に縫い付けている四隅のステッチのことです。

これはマルジェラ自身がブランドタグではなく、服に価値を感じて欲しいということからすぐに取り外せるようにしたという逸話が残っています。

コアなファンの中はタグを切って着る人もいるらしいのですが、最近の人達はほとんど切らないみたいです。

やはり四隅のステッチは分かる人には分かるデザインですし、それも含めてマルジェラの価値。

もちろん私も切りません(笑)。

メゾンマルジェラの定番商品

八の字ライダーズ

https://www.maisonmargiela.com/

マルジェラと言ったらこのアイテム。私もいつか絶対に手に入れたいアイテムでもあります。

両サイドのジップが最大限に延ばされたデザイン。一目でマルジェラと分かります。

シーズンによって素材やキルティングありなしの仕様が変わります。

ノーカラージャケット

https://www.maisonmargiela.com/

最近多いのがノーカラーになっているジャケット。

ポケットなし、前のボタンやホックなしと極限までミニマルに設計されたアイテムです。

シンプルであるがゆえに非常に合わせやすくて、モードな存在感が際立ちます。

エルボーパッチニット

https://www.maisonmargiela.com/

肘にパッチが取り付けられたアイテム。ニットタイプとカーディガンタイプがあります。

腕回りは意外と細目に作られていますが、ニット生地なので伸縮性は十分。

ただ1つ問題があって、それはエルボーパッチが肘からズレること。ここが外人仕様で日本人には悲しいところです。そういうものだと思って着てください。

ドライバーズニット

https://www.maisonmargiela.com/

ジップが上まで入ったタートルネック型のニットです。上まで上げると真冬の防寒にもなります。折って襟のようにすることもできます。

袖は腕が隠れるほど長い&地厚な生地を使用しており、ずっしりとした重さがあります。

作り自体が大きいので1サイズ下げる人が多いみたいですね。

エイズT

https://www.maisonmargiela.com/

HIV(エイズ)患者を支援するためのチャリティーTシャツになります。

売り上げの一部を寄付していて、今までの寄付総額は7900万円以上にもなると言われています。

Tシャツを脱いで畳むと全文が分かるようになっており、「エイズと闘うためにすべき活動はもっとあるがこのTシャツを着ることは良い始まりだ」的なことが書いてあります。

真空パックT

https://www.maisonmargiela.com/

3枚のTシャツが真空パックされて売られているというマルジェラらしい捻りの利いたアイテム。

シルクのような肌触りでストレスなく着ることができます。

サイズ感が買うまで分からないと思うかもしれませんが、ショップにいくとお試し用がちゃんと置いてあります。

ジャーマントレーナー

https://www.maisonmargiela.com/

このアイテムも有名ですね。マルジェラへの入りがジャーマントレーナからという人は本当に多い。

シュータンにマルジェラのカレンダータグが付けてあり、内側にゴムが入っているのでスリッポンとして履くことも可能です。

手作業でペンキが吹き付けられたデザインも綺麗ですが、何もないシンプルなタイプも合わせやすくて人気です。

財布

https://www.maisonmargiela.com/

何種類か定番で出ていますが、いかにもマルジェラらしいのは小銭入れが外側に出ているタイプ。

反対側にはマルジェラの縫い目が大きくあしらわれています。

カードが12枚入るので、十分普段使いできます。

まとめ

以上、メゾンマルジェラについて書いてきました。

今回記事を書くに当たってもう一度勉強しなおしました(笑)。

レディースで定番だったタビブーツがメンズでも継続展開されていたので、いずれ定番になっていくのかもしれませんね。

最後にサイズ感についてですが、標準体型の人で46になります。ドライバーズニットなどものによっては44といった感じ。

参考になれば幸いです。

香水とかも面白いの多いですよ
世界ファッション・デザイナー名鑑 FASHION VISIONARIES (SPACE SHOWER BOOks)

世界ファッション・デザイナー名鑑 FASHION VISIONARIES (SPACE SHOWER BOOks)

リンダ・ワトソン
4,104円(11/19 22:09時点)
発売日: 2015/09/30
Amazonの情報を掲載しています
ファッションデザイナー (時代をつくるデザイナーになりたい!!)

ファッションデザイナー (時代をつくるデザイナーになりたい!!)

2,808円(11/19 22:09時点)
発売日: 2015/12/22
Amazonの情報を掲載しています