トレンドとの付き合い方。トレンドはどこまで取り入れるべきか

トレンドとの付き合い方。トレンドはどこまで取り入れるべきか

今回のテーマはトレンドはどこまで取り入れるかについて

レディース程ではないですが、メンズでも毎年トレンドになるアイテムがあります。

以前はメンズのトレンドはレディースの1年遅れと言われていました。ただここ最近はあまり差がなくなってきたように感じます。男女共通のトレンドも多いです。

正直レディースだとトレンド命みたいなところがありますよね。しかしこれがメンズとなると非常に迷うところ。

トレンドを取り入れまくるのもどこかミーハーな気もしますし、全く無視するのもなんか時代に取り残されているような・・。

これから私が思うトレンドとの付き合い方について書いていきますので、参考にしてください。

私はあまり気にしない派です

トレンドには2種類ある

まず最初に知っておいて欲しいことはトレンドには2種類あるということです。これを意識しておくことでトレンドとの付き合い方が変わってきます。

毎年の定番からピックアップ

一つ目は既に定番になっているアイテムからトレンドとしてピックアップされるパターンです。

チェスターコートなどのアイテム単位のこともありますし、チェック柄やレザーなどの柄や素材で取り上げられることもあります。

トレンドと聞くと一時の最大瞬間風速みたいなもので、その後は時代遅れになると感じるかもしれません。

ですがこのタイプのトレンドは既に定番になっているものなので、来年はもちろん5年後も普通に使えます。

積極的に狙っていっても大丈夫なトレンドと言えるでしょう。

定番でないものからピックアップ

もう一つのパターンがこれです。定番でないことからたまにしか来ない、もしくは10~20年に一度訪れるようなトレンドです。

最近で言うとバイカラーやプロデューサー巻きなどでしょうか。

こういったトレンドは賞味期限が一瞬なため、コスパの面でも狙うべきではありません。

ただ中には2000年代のスキニーパンツのようにその後定番として定着するものもあります。

トレンドは全体の3割以下が理想

ではこれらのトレンドをどこまで取り入れるかというと、全体の3割以下が理想かなと思います。多くても5割ほど。

トレンドを入れれば入れるほど、雑誌のモデルみたいな感じになってオシャレになった気がしますが、踊らされている感も強くなります。

ここは見る人の感じ方次第で、プラスに取る人もいればマイナスに受け取る人もいるということです。

私自身はトレンド全開なファッションは自分を持っていない気がしてあまり好きではありません。

意識せずにトレンドは取り入れられる

実は全くトレンドを無視しようとして買っていてもトレンド要素は含まれているものなのです。

それはシルエット。

例えばシャツの場合だと着丈や身幅が時代によって変わってきます。特に2018年現在はビッグシルエットの影響から着丈長めで身幅が太いシャツが主流です。

このようにトレンドを気にしていなくてもアイテム自体にシルエットのトレンドは入っているのです。

だから積極的にトレンドは狙いに行かなくてもOK。新しい服を買えば自然とトレンドを取り入れていることになります。

敢えて言うと今どんなシルエットが流行っているかは意識しておいた方がイイのかもしれませんね。

小物で取り入れるのが簡単

逆に意識してトレンドを取り入れる場合はやはり小物から攻めるのが簡単です。

例えば柄物が流行ったとして、柄パンツを取り入れるのは抵抗がありますが、ストールなら簡単ですよね。

こんな感じでトレンドは定番のものと小物以外狙わなくて大丈夫です。狙わなくてもシルエットで自然に取り入れていますから

まとめ

以上、トレンドとの付き合い方について書いてきました。

できれば会う人や場所などのTPOに合わせて変えるのが理想です。

ですが面倒くさいなら無視しちゃって大丈夫です。トレンドってそもそも売るためのものでしかないので。

自分のファッションはコレと自信を持って言えるのがカッコイイと思いますよ

トレンドをやりすぎたのがメンズノンノ(笑)