[オススメ]ベクトルパークは古着なのに返品できる

パドローネのバックジップブーツを実際に買ってみて分かったリアルな評価

今回は私の持っているパドローネのブーツを紹介します。

数多くのブロガーさんが初めの一足として紹介しているのがパドローネというブランド。

私も以前パドローネについての記事を書きました。

パドローネの説明書:ブーツのコスパがイイと評判。1足目の革靴にオススメ

そこで実際に持っている身として「パドローネってぶっちゃけどうなの?」という疑問に答えていきたいと思います。

魂を込めた全身全霊レビュー

私が買ったバックジップブーツがコレ

黒のドレスブーツです。定番のチャッカブーツに高さを足したものだと思ってください。多分木型も同じです。

買ったのはちょうど2年前。バーズアイとのコラボ商品でした。

コラボということでお値段が4万円ほどしました。確か普通のパドローネだと35000円行かないハズです。

で、コラボでどこが違うかというとより若い革質のものを使っています。たしか部位も肩だったかなと。

ヘビーユースしているわけではないので実際の使用期間はもっと短くなります。

それでは各部位について見てみましょう。

まずは横から。スマートなドレスブーツの風合いです。

クリームはたまにしか塗っていませんが、履くたびにブラッシングをしているので上品な光沢感が出ています。

バックジップです。正直コレがあると履くのがかなり楽です。特に服屋で試着をよくする人であれば、ありがたさが分かるハズ。

トゥは尖ってもなく、丸くもない絶妙なところ。適度にドレス要素があるので合わせやすさに繋がっています。

斜め上から。履きジワが見えないのは中にシューツリーを入れているからです。

ソール部分です。ビブラムのハーフラバーを貼っています。

ヒール。高さは一般的なブーツと同じくらい。

こちらはまだ何もしていません。減ってきたらビブラムを貼るつもりです。

製法に関して

http://www.union-royal.jp/

製法はマッケイ製法です。パドローネの靴は大半がこのタイプですね。※一部セメンテッド製法のものがあります。

マッケイのメリットはとにかく軽いこと。高さがあるブーツなのにそれを感じさせません。

レッドウィングとか超重いですからね(;´∀`)。

またアッパーとソールを直に縫っていることから返りが良いことも特徴です。

しっかりと曲がるため、それが歩きやすさに繋がっています。

ハーフラバーを貼った理由について

上の写真で紹介した通り私はハーフラバーを貼っています。

「ハーフラバーを貼るなんて邪道だ」という人もいますが、私はマッケイ製法の場合貼ることをオススメします。

オールソールが1回しかできないので(しかも高い)、なるべく長く履くためです。

ハーフラバーだけを張り替えていけば、アッパーが痛まない限りずっと使えます。

また安全防止という面も大きいです。

私は玄関で履いた一歩目で転んでしまいました。この時にハーフラバーを貼ることを決意(`・ω・´)。

革靴のハーフラバーを貼るか貼らないか問題について回答します

実際に使ってみた感想と評価

使用感

パドローネのブーツを履いてみて実際に思ったことは、足馴染みが非常に早いということです。

3回目ぐらいにはもう馴染んでる感じ。

また最初に短い靴下を穿いたときに靴擦れを起こしましたが、ハイソックスに変えれば問題なくなりました。

そして歩きやすさに関してですが、普通に快適です。

もちろん革靴なのでスニーカーのレベルを求めるのは酷というものです。ですがコンバースよりは歩きやすいかなと。

もしサイズ的に余裕があればインソールを入れてください。衝撃が吸収されて歩きやすさが向上します。

経年変化

私が買ったブーツが黒色だからか、経年変化は特にしていません。

というかドレスブーツなのでなるべくキレイに履きたいです。

あと色について一つだけ言っておくと、キャメルはオススメしません。

パドローネ独特の赤みがかった色合いで初めは惹かれましたが、圧倒的に合わせづらいです。

やはり買うなら黒一択。ドレスブーツの強みを最大限に活かす選択をするべきです。

このブーツのデメリット

中が湿気る

おそらくどんなブーツでもそうなのですが、一日中履くと中が湿気ます。手を入れると指先に水滴が付くくらい。

ハーフラバーを貼ったデメリットがここに出ているのかもしれませんね(通気性が無くなるため)。

そのため毎日の使用は控えてください。しっかりと乾かすことが大切です。

靴下に色移りする

これもブーツのあるあるですね。パドローネの場合ももれなく色移りします。

最近は少しマシになってきた気もするのですが、履き始めのころは結構移ります。

汚れてもイイ靴下、もしくは黒を合わせるようにしてください。

靴好きとしてのウンチクが足りない

最近個人的に気になっているのがコレ。やはりレッドウィングなどに比べると歴史が違います。

パドローネのウンチクと言えばギャルソンの靴を作っていたファクトリーブランドであるということくらい。

ギャルソン好きとしてはそれも非常に大きなファクターではあるのですが、もっと語れる要素が欲しいところです。

まとめ

以上、私が持っているバックジップブーツについて書いてきました。

オススメかオススメでないかと言われれば自信を持ってオススメできます。

ですがあくまでブーツ入門的な存在であることを忘れないでください。

パドローネもオススメですが、最初から本格ブーツに手を出すのもアリだと思いますよ。

次の候補としてレッドウィングのアイアンレンジを検討中

楽天で商品一覧ページを見てみる(メンズ・新品)
パドローネ