過去記事リライト中。昔の記事も読んでね

ソンタクの説明書:ブランドの特徴・定番商品・サイズ感について解説

2017年に「忖度」という言葉が流行語に選ばれました。

ですがそれよりも以前にこの単語をブランド名にしていたブランドがあるのをご存知ですか?

今回はそんなソンタクについて解説していこうと思います。

今になってブランド名を後悔してそう(笑)

ソンタクとは

https://www.fashionsnap.com/

「高品質で長持ち」をコンセプトにした日本のブランド。

シャツを作っていた会社が元になっていて、日本人に合わせたフィッティングを得意としています。

ブランド名はもちろん忖度という言葉に由来します。オシャレは押し付けではなくてお客様が決める、つまりお客様に忖度するという意味です。

展開するアイテムは本当にシンプルなものばかり。テイスト的にはアメトラになるかなと。

ヤエカやサイベーシックスなんかもシンプルですが、そこからもっと個性を抜いた感じになります。

逆に言うと個性が無いのが個性。他のブランドと喧嘩することなく、自然にコーディネートに落とし込むことができます。

また価格に関しても気を配っていて、基本的にはセレオリかそれよりも安いくらい。

価格を気にせずガシガシ使えるという、非常にコスパの良いブランドなのです。

定番商品

オックスフォードシャツ

https://zozo.jp/

ソンタクと言えばこのアイテム。紙でも入っているのかのようなハリとコシがあります。

パターンは至ってシンプル。ですが貝ボタンに本巻き伏せ縫いなど、随所に元シャツブランドのこだわりが見られます。

丈は少し長めで基本的にはタックインがベストですが、タックアウトしても大丈夫です。

ギンガムチェックシャツ

https://zozo.jp/

こちらも大定番。流行に関係なく長く使うことができます。

サイズ感などはオックスフォードシャツと同じですが、生地が滑らかになっています。

ジャケットとニットタイを合わせればアメトラの出来上がり。ドレスコードが緩い会社だと仕事にも使えそうですね。

ポロシャツ

https://zozo.jp/

地厚な生地感のポロシャツ。30番台の糸を使用して目を詰めて編んでいるため、少し硬めです。でもその分丈夫。

全て日本製で作られているにも関わらず9000円程と、中々にコスパの良いアイテムになっています。

胸に付けられた柴犬のワッペンが可愛らしい。

3Bジャケット

https://zozo.jp/

オックスフォード生地でできたワークジャケット。最大の売りは家で洗えることです。

かなり太い糸を使っており、着初めは若干ゴワゴワします。

ボックスシルエットでパッチポケットというカジュアルに使いやすい風貌。経年変化もガシガシ出していきたいアイテムです。

ステンカラーコート

https://zozo.jp/

ステンカラーコートも定番です。取り外し可能なライナーはリバーシブルになっており、4通りの着方が楽しめます。

触った感じはハリがあって、少しパリパリした感じ。パッカリングがあることで、ドレスになりすぎません。

丈は着回しやすい膝上丈になっています。

柴犬のポール

https://zozo.jp/

ポロシャツのところでも少し書きましたが、ソンタクでは柴犬がブランドアイコンになっています。

特に面白いのがラルフローレンのポロベアをアレンジした、柴犬のポールというキャラクター。

顔がクマから柴犬に変わっただけというオマージュで、このブランドにしてはかなり攻めたデザインになっています(笑)。

サイズ感について

最後にサイズ感について書いておきます。

標準体型の男性(172㎝、66㎏)でMサイズでジャストという感じ。

絞りが入っているわけでもないので、サイズ感は合わせやすいです。ブランドの性質上、ジャストで着るのがオススメです。

まとめ

以上、ソンタクについて書いてきました。

個人的にはコスパが良いという側面から、普段セレオリを買っている人にこそ着て欲しいブランドです。

あとは丈夫なアイテムが多いので、ガシガシ洗えるというところも嬉しいですね。

知名度は全くないですが、そこが服好き的には嬉しかったりします(笑)。

見つけた時はぜひ試着してみてください。

売れてはないらしい・・