[オススメ]ベクトルパークは古着なのに返品できる

30代メンズをとにかく安くコーディネートしてみる。総額3万円プラン

たまに知り合いから服について聞かれることがあります。

しかしながら自分が本当にイイと思うものだけをオススメするわけにはいきません。人それぞれ出せる金額に限度があります。

そこで今回はあまり服にお金をかけれない人に向けたコーディネートを考えてみます。

そういう人が大半だと思います

ターゲット

まずは想像しやすいようにターゲットを軽く書いていきます。とりあえずAさんで。

Aさんのプロフィール

  • 35歳。標準体型。大阪の中小企業勤務。課長で年収450万。
  • 結婚していて子供が1人。マンション暮らし。
  • 月のお小遣いは3万円で飲み会が主な出費。
  • 今までファッションを気にしたことはなく、嫁が買ってきた服を着ている。
  • 子供の教育費と1戸建て車のローンのために節約中。

こんな感じで想定してみました。比較的よくある日本人のロールモデルだと思います。

3万円プランのコーディネート

ではAさんにオススメするコーディネートを見ていきましょう。

服好きのマニアックな価値観は極力排除しつつ、シンプルなスタイルを心がけました。

ディッキーズ874

http://dickies.jp/

今回の最大のポイントがコレ。パンツにはディッキーズの874を合わせます。色は黒で。

ワークパンツというイメージがあるディッキーズですが、センタープレスがかかっているのでジャストサイズで合わせればトラウザーとして使うことができます。さらに綿ポリ素材なので耐久性もバッチリ。

90年以上続いてきた歴史や多くのデザイナーズブランドがコラボするなど、ウンチクも豊富です。それでいて5000円台と安い。

太さもあるので大人っぽく見せることも可能です。もし細いパンツがよければ日本製のWD874も検討してみてください(7000円程)。

とにかくメンズファッションのキモであるパンツにディッキーズを選ぶことで、コーディネートに安定性をもたせることが狙いです。

無印のオックスフォードシャツ

https://www.muji.net/

シャツにはアメトラの定番であるオックスフォードボタンダウンシャツを選びます。

安く済ませたいのでユニクロか無印で。この2つは安いながらもかなりこだわりを持って作られているので、服好きの人でもチョイスすることが多いです。

個人的に好きなのはユニクロの方ですが、タックインのテクニックがいるのでタックアウトで着れる無印の方が簡単です。

後はその人の体系次第。太っているならユニクロ、痩せているなら無印という感じ。今回は標準体型なのでどちらでも大丈夫です。

ユニクロVS無印良品。オックスフォードシャツはサイズ感と着方で選ぼう

ユニクロのニット&カーディガン

https://www.uniqlo.com/

ニットもシャツ同様お金をかけなくてもイイものが手に入ります。そもそも消耗品の度合いが強いので初心者の内はここでお金をセーブしましょう。

オススメなのはユニクロ。特に秋冬に出るエクストラファインメリノはピカイチの完成度です。

艶と光沢感があり、1万円のタグが付けられていても不思議ではありません。私も愛用しています。

通年で使うのであれば春夏の綿素材のものを買ってください。

あとニットかカーディガンかですが、使いやすいのは断然カーディガンの方です。

体温調節で脱ぎやすいですし、ニットのように脱ぐときに髪型が崩れる恐れもありません。

ナイロン素材のテーラードジャケット

https://www.rakuten.ne.jp/gold/marcarrows/

ここもパンツに次いで今回のポイントとなる部分です。

ジャケットは特にどのブランドが良いとかはありません。毎年定番で同じものを出しているところがほとんどないので。

大切なのは春夏に出るナイロン素材のものを選ぶということです。価格は1万円~15000円ぐらいで。

これであれば通年使うことができます。秋冬に出るウール素材は春に使うと季節感が合いません。

またなぜ綿やポリエステルではなくナイロンなのかというと、値段の差が見た目に出にくいからです。

ナイロン独特のシャカシャカとした素材感もあり、適度にカジュアルに見せてくれるという効果もあります。

そして取り扱いもめっちゃ楽。家で洗えますし、型崩れも気にしなくてイイです。

ブランドとしてはファストファッションのお店をひたすら回ってください。ユニクロ・無印はもちろん、レイジブルー・グローバルワーク・ディスコートパリシアンなどです。必ずどこかが扱っています。

メンズの安くてオシャレなファッションブランドを紹介するよ

色はパンツと合わせるため第一チョイスは黒ですが、青でもカーキでも大丈夫です。自分に似合う色があるので、それを選ぶのがベスト。

靴・小物編

靴と小物はどうしてもお金がかかります。これらを入れるだけで5万円は優に超えてきてしまいます。

ということで別コーナーにしてみました(;´∀`)。

スニーカー

http://zozo.jp/

靴は値段の差がハッキリと表れるアイテム。いくら安く済ませるといっても手を抜くことはできません。

そうなると革靴が選べません。必然的にスニーカーとなってしまいます。

ということでチョイスするのは定番のスタンスミス(15000円)。やはりこれしかないなと。履き心地が良くて初心者から上級者までが愛用するスニーカーです。

アディダスのスタンスミスってぶっちゃけどうなの?2年間使ってみた感想

安く済ませるならコンバースですが、履き心地に難があるため却下。

また今回提案しているのがジャケパンスタイルということもあり、白スニーカーはハズシにも使えます。

もし革靴なら価格的にドクターマーチンになるかと(23000円)。

バッグ

https://www.m-a-p-s.jp/

バッグはそうそう買い替えるものではないので、それなりのブランドのものが欲しいところ。

ですがリュックとなるとお金がかかってしまいます。また安いリュックは学生さんと被る確率も高い。服と違ってパッと見で分かる分野なので、30代の大人としてはできるだけ避けたいところ。

そこで出てくるのがトートバッグです。これなら有名ブランドのものでも比較的安く買うことができます。

サウス2ウエスト8の定番のタイプ(8000円程)だと肩掛けもできるのでオススメです。また経年変化が出る生地を使っているので、そこの楽しみもあります。

時計

https://www.timexwatch.jp/

30代にもなってくるとしっかりとした時計を持っていることが求められます。

ただそういうブランド時計は本当に高い。お金がいくらあっても足りません。

ですがこのようなブランド至上主義から逃げてしまう方法があります。それはブランド名ではなくてデザインやウンチクを重視するというもの。

これならこだわりがある人なんだなと思ってもらえます。

オススメなのはタイメックスです。ミリタリーウォッチの超定番ブランド。ベトナム戦争で使われたオリジナルキャンパーなら8000円で買うことができます。

https://www.timexwatch.jp/

これはチャチすぎるというのであれば、現代風にアレンジされたアルミニウムクロノ(16000円)をどうぞ。

TIMEX(タイメックス)公式オンラインストア

まとめ

以上、30代メンズをとにかく安くコーディネートしてみるについて書いてみました。

3万以内と書いておきながら靴・小物別かよという声が聞こえてきそうですが、正直これが限界です(;´∀`)。

今回省いたのはデニムとコート。元々1型しか作る予定がなかったので、デニムを入れると完全な予算オーバーです。

またデニムはユニクロや無印だとどうしてもポリウレタンが入ってくるので、こだわったものを買おうとすると1万円は超えてきます。

コートはそもそもファストファッションで揃えることに無理があります。そのお金で古着を探してみましょう。

今のところこんな感じです。また他の案を見つけ次第追記して行こうと思っています。

よく言われるユニクロの黒スキニーデニムとか入れませんよ