過去記事リライト中。昔の記事も読んでね

ディッキーズ京都店を紹介。店内の様子を写真付きレポート

最近昔ながらの定番モノに惹かれています。

もちろんそのシーズンにしかないコレクション商品もイイのですが、やはり長年に渡ってリリースされる定番商品には多くの人に愛されるそれだけの理由があるわけで。

そんな感じで目を付けたアイテムの一つがディッキーズだったのです。

今回は少し前にディッキーズの京都店に寄らせてもらったのでその様子をお伝えしていきます。

写真たくさん撮らせてもらいました

ディッキーズ京都店について

正式名称はディッキーズ京都店ではなく、ディッキーズ京都です。

2017年の8月に関西初の路面店として四条の新京極通りにOPENしました。

ディッキーズのアメリカンテイストに京都のご当地感をMIXした店内が特徴です。

住所:京都市中京区新京極通蛸薬師下ル東側町514

TEL:075-741-7517

営業時間:11:00~21:00

定休日:水曜

四条方面から新京極通りに入ると歩いて5分くらいで右手側に見えます。通路を挟んでマツキヨの手前と言えば分かりやすいでしょうか。

水曜日が休みなので、そこだけ気をつけてください。

店内の様子

正面入り口。行ったのはクリスマスの時だったのでサンタの看板が。

中はこんな感じ。関西にある店舗の中だと広めです。

提灯が飾られています。こういうところがいかにも京都感。

こちらはキツネのお面。

古き良き時代のアメリカが。

レジ前にはスケートボードがありました。ディッキーズと言えばスケボーです。

試着室も他の店舗では絨毯だったりするのですが、こちらは畳の和室になっています。

定番の874ワークパンツは色の種類が豊富。他の店舗には置いてない色も扱ってたりします。

ただサイズに関しては30・32・34といった2インチ間隔です(どこの店舗も一緒)レングスも1種類のみです。

ネットだと31や33サイズもあるのでそちらのサイズ感の人はオンラインストアやアマゾンで買うことをオススメします。

こちらも人気のトレーナー。

もちろん靴下などの小物類もあります。

コラボ商品。FILAはイイのですが、さすがにベジータはないかと・・。と思っていたら外国の方に人気があるそうです。

その他京都っぽいイラストが描かれたTシャツなどもありましたが、なんといっても目を引いたのが阪神タイガース関連。これは大阪じゃないかな・・ここは京都やで・・。

まとめ

以上、ざっとになりますが京都店について紹介してきました。

新京極通りにあるということで学生さんや観光客のお客さんが多いです。

夕方になっても結構混んでいます。試着室が3つあるのですが、じっくり見たい方は夜の7時以降を狙うと落ち着いて見れます。

またディッキーズ自体が京都店を基幹店と位置付けているようで、全国4店舗展開のコラボ企画(最近ではS’YTEとのコラボ)などが置いてあったりします。

他の店舗とは違ったディッキーズに興味のある人はぜひ京都店に足を運んでみてください。

874のブラウンが欲しいです。ワークパンツですがトラッドに合わせてみようかと